友達を信じたいけど疑ってしまう「トモダチゲーム」

「トモダチゲーム」という漫画は最近メディアでと取り上げられているので、ご存知の方もいらっしゃるかもしれません。

この漫画は、5人の友達と借金を返済していく内容です。友達と協力してゲームをクリアすることで、借金を返済していきます。しかし、途中で友達を裏切る行為をすると、自分の借金の返済額だけが上がったり、友達に自分の借金を押し付けることができます。友達を選ぶかお金を取るかの選択で、主人公たちを貶めようとする裏切り者もいるのでドキドキします。

ゲームは毎回違うため、その都度、登場人物の表情やしぐさ、発言などに気をつけながら読み進んでしまいます。ときどきゲームの運営側や登場人物の思惑も描かれていて、ハッとすることがたくさんあります。

私は、この漫画に出てくる主人公が好きです。主人公は、お金がらみのトラウマを抱えているようですが、そこから培われた鋭い観察眼や、勝つためならどんな手段も使う非道なところがありたす。それが、友達の弱みに付け込むようなことでも平気でやります。その手段もなかなか想像ができないことなので、驚きの連続です。しかも、友達の信頼を得ながらやっているので、関心させられるところもあります。普段は友達思いの優しい好青年の主人公なのですが、冷静さを欠いたり、勝ちにいこうとするときは、かなりのドSっぷり、ヤクザみたいになるので、その主人公の豹変ぶりも魅力の1つです。

誰が何のためにトモダチゲームに参加させたのか、裏切り者もは誰なのか、ゲームを実行させてる組織とは、さまざまな謎が浮かんでくるため、早く次の巻が読みたくなります。

私としては、ドSな主人公のシーンがたくさん出てきてくれると嬉しいです。