ブックオフ新横浜店でゲームと本、CDを売ってガッカリ

以前自室の大掃除をしていた時、これはもう読まないだろうなって思う古い本や、新しい本でも巻数が途中で歯抜けになってるが揃えてまで読むことはないなって本をブックオフにまとめて売りました。
ついでの忙しくなって全然聞かなくなったCDとゲームもまとめて売りに出しました。

近所にブックオフがあったので、本は店頭まで持ち込んで買取をお願いしました。
新横浜の駅前にあるブックオフで、ここは高価買取していますといつも宣伝をしています。

本は大体一辺50~60cmぐらいの正方形のダンボールが2箱と、それより大きいダンボール一個、マンガ本もあり小説、新しいものから古いものと様々でしたが、全部で250~300冊ぐらい持ち込みました。
CDとゲームはそれぞれ段ボール1個ずつでそれぞれ50枚づつぐらいです。

ブックオフまでは自分の車で行ったのですが、お店について不満だと感じたのはスタッフの対応です。

ダンボール5箱持ち込んだわけですが、一つ一つが結構な重量になってるので一つずつ運んだわけですが、まず私のように大量に本を持ち込む人からすると台車のようなものがないのが不便だと感じました。台車があれば、そこにダンボールを積んで一度で店内まで持ち込めるわけですが、そういったものがないので5往復しなければなりませんでした。
新横浜店はお店の駐車場はないので近くのコインパーキングに止めているのでお店まで距離があるので大変です。

そしてお店のスタッフの対応です。
スタッフがいてるカウンターまでダンボールを持っていくと、すぐにスタッフがこちらに来て買取依頼でしょうか?と対応をしてくれたんです。
はい、買取お願いしますと依頼はしたんですが、その時にまだ車にあるんでもってきますねというと、スタッフはそのままレジで待ってました。
まだ他にも本があるって言ってるわけですから、スタッフも本の運搬を手伝ってくれればいいのにと思いました。

一通り運び終わってから査定をお願いしたんですが、買取査定の時間は結構短かったとおもいます。段ボールが5箱あるので結構待たされるかな?とは思ったんですが、大体20分ぐらいで呼び出しがかかり、カウンターまで行きました。

スタッフからはお待たせしましたと一声あり、その後本の買取査定金額とその内訳について説明がありました。

古い本は古いなりにマニアックな本(藤子不二雄の初期のマンガ等)もあったので、それなりの値段がつくかな?と期待したものの、こういう古い本はレア度とか関係なく、ただの古い本として査定されたので買取不可(0円)という査定になっており、300冊近く持ち込んだものの1000円にすらなりませんでした。
ゲームやCDも同様で2箱で1000円ぐらいです。

いまにして思うと5箱も段ボールがあって20分で査定するといういことは1点当たり数秒で査定してることになります。
段ボールから出すだけでもそのぐらいはかかるでしょう。
ちゃんと査定しているのだろうかと思います。

スタッフも本の処分をするのが大変なのはわかりますが、あまり愛想よく対応はしてもらえなかったのが気になり、ブックオフで本を売るのはもういいやって思って退店しました。車まで戻すのも当然苦労しました。

結局、帰ってから別の店を探すことにしました。
古い本でも高く買取してくれる方法を探していると参考になる記事を見つけました。

この記事によると古い本でも価値のある本は数百円から数千円で売れるとのことです。
私の持っている本もネット査定を試してみたところ、1冊で950円のものがありました。
この1冊だけでも段ボール3箱分ぐらいの価値がありそうです。
ゲームやCDも含めて全品ネット査定を試してみたら全部で買取金額が1万円をゆうに超えそうなことがわかりました。

私のように近所の古本屋に持っていくよりも、ネット査定を試してみた方がお得だと思います。