葬式は事前に準備

3年前に疎遠だった祖父が亡くなり、直送と言われる火葬だけを行う事にしました。母と私だけで見送ったのです。

打ち合わせの際、葬儀社から「お棺は故人の最後のお家です」と言われ、暗に棺のグレードアップを迫られました。ただ、生活もそれほど余裕がなかったので、最低限の物だけで式を済ませました。

どこの葬儀社が、どんなプランが良いとかなどを比較する間もなく、式を終えました。私の中で葬儀の意味よりも、明確なモノサシとして金額しか目に映っていなかったのです。

今考えると本当に良かったのか答えが出せないでいます。また、母が亡くなった時に納得のいく形で見送ってあげる事ができるのかが、不安です。

祖父の式のあと、小さなお葬式やイオンのお葬式といった低価格高品質をうたう葬儀がある事を知りました。

 葬式準備 | 葬儀社選びは?費用の相場は?

各社で資料請求をすると、葬儀マナーブックといった小冊子も同封されていました。葬儀マナーや意味を誰に聞いていいかも分からなかったので、有難いです。

母を見送る時には通夜を省略する一日葬というものを検討しています。菩提寺がある方は、菩提寺が厳格な考えがあるところだと、納骨トラブルに発展する可能性があるので、事前に相談をしておいた方が良いようです。