惡の華

今まで沢山の漫画を読んできましたが、押見修造氏の「惡の華」ほど心を抉られた作品はありません。 「惡の華」のストーリーとしては、中学生の登場人物たちが思春期特有のこじらせた苛立ちや将来への不安などがドロドロとした形で描かれており、登場人物の台詞一つ一つと表情が印象的に語り... Read More

Read More